News

/News/

サイト運用管理者が定時退社できる働き方改革:: WordPressでサイト更新を自動化する

なぜサイト更新作業のために残業するんだろう。 随分昔からサイト運用を担当していて思うのは、なぜサイト更新のために残業しなければならないのだろうという疑問です。もちろんCMSが導入されていることが前提ですが、指定した日時に自動更新できるにも関わらず、今まで対応してきた多くのサイトでサイト運用管理者は、残業してサイトを更新している人がとても多い印象があります。ある面では「生活残業」ということも多いのでしょう。そういう場合は分かってやっているのでストレスは少ないと思います。そうではなくて「何でシステム化されてい [...]

2017-03-21T16:13:19+00:00 2017/03/21 |Business Tools, CMS, WordPress, Work Style|

IcoMoonのフォントを文書や名刺に使いたい

IcoMoonのフォントってIllustratorで使えないかなぁ IcoMoonのフォントは通常はウェブサイト上でメニューのアイコンやボタンなどに使うものです。しかし今回は名刺のシンボルに使えないかと思いました。 最初に使いたいフォントをクリックして選択します。右下の「Generate Font」をクリックすると次の画面になります。 表示されているのが、選択したフォント一覧です。右下の「Download」をクリックするとicomoon.zipというファイルがダウンロードできます。このZIPファイルを解凍し [...]

2017-03-09T16:35:06+00:00 2017/03/09 |Business Tools, Design, Social Media, UI/UX, Writing|

WordPressで様々なセキュリティ対策を行う:: WordPressでサイト構築

セキュリティ対策はいろいろあるけど、どれが良いの? WordPress本体とプラグインの更新を素早く行う 何よりも一番に大切なのは、WordPress本体の更新やプラグインの更新をできるだけ早く行うことです。特に今回のWordPress 4.7.2の更新のように、重大な問題がある場合などは素早い更新が必要です。管理者設定でメールアドレスを登録していれば、必要な更新はメールで自動的にお知らせがくるので、内容を確認して更新しましょう。大きなバージョンアップで、サイトに影響が及びそうな不安があるときには、ステー [...]

2017-02-12T10:52:39+00:00 2017/02/10 |Security, WordPress|

GMLからHTMLまでマルチデバイス対応の歴史的な流れ

「そろそろ忘れてしまいそうなので、少しまとめておこう。」 HTMLの元になったGMLは、もともとはIBM GMLとして社内の文書作成用に使われていたもので、SCRIPT/VSというタグ言語のマクロとして、文書整形ソフトウェア製品DCFの主要部分として提供されていたものです。大型機種のVM/CMSというOS上で稼働していました。その頃はワードプロセッサが出る前のことで、エディターでマークアップしたテキストファイルをフォーマッターにかけて出力ファイルを作成し、大型レーザープリンタなどに出力するのが主流でした。 [...]

2017-01-26T09:56:28+00:00 2017/01/25 |Business Tools, Communication, Writing|

ウェブサイトの更新時にアクセシビリティ方針2016に対応する:: WordPressでサイト構築

「最新のアクセシビリティ2016に対応しないとなぁ。」 JIS X 8341-3:2016が公開されて、自治体などの公的機関のサイトは、今後対応を迫られることが多くなると予想されます。WordPressでは、テーマファイルで対応すれば、ある程度は一括対応が可能ですが、細かいコンテンツ周りの修正は、どうしても必要になります。ページごとに個別に合致しているかを確認するのは大変なので、ここは総務省から提供されている以下の無料のツールを使うと便利です。 みんなのアクセシビリティ評価ツール:miChecker (エ [...]

2017-01-26T09:50:47+00:00 2017/01/18 |Web Accessibility|