Lifestyle

Linuxに軽量ブラウザーのSeaMonkeyをインストールする方法

Linuxにサイトから直接インストールする方法が分かったのでメモとして残します。

WIndows環境に慣れてきた人にとって、Linuxのインストールはよく分かりません。今回はSeaMonkeyという軽量なブラウザーのインストールを例に、インストールの仕方を記載します。

自動でインストールしてくれないの?

WindowsやMacが使い慣れていれば当然そう考えます。「ソフトウェア」や「Synapticパッケージマネージャ」の一覧に出てくるのであれば、そこをクリックするだけでインストールできます。しかしサイトからダウンロードする方法しか提供されていないアプリケーションもあります。それらはどのようにインストールするのでしょうか。

SeaMonkeyは上記のような画面でトップページから日本語版がダウンロードできるようになっています。

こちらを他のブラウザーからクリックすると、seamonkey-2.53.9-ja.linux-i686.tar.bz2というファイルがダウンロードされます。ダウンロードが完了したら、マウスの右ボタンで「開く」を選択すると、アーカイブマネージャが起動して、このファイルの圧縮を自動的に展開します。展開されたらそのフォルダーごとアーカイブマネージャからデスクトップへドラッグして、中にあるSeaMonkeyというファイルをクリックすればSeaMonkeyが起動します。

メニューも日本語化されていて分かりやすいです。今回は.bz2というファイルでしたが、.debというファイルが用意されている場合は、右ボタンで開くとDebiパッケージインストーラなどが起動しますので、そこで画面からインストールできます。

SeaMonkeyはブラウザーにメーラーやComposerというHTML編集ツールなども統合された高機能アプリケーションで、その割には軽量なので便利です。Mozilla Suiteの後継とのことです。

Kindle本のご案内

ライセンスは気にせず愛着あるパソコンを壊れるまで使うには …

連載していた【軽量Linux活用ガイド2021】を中心に加筆、再構成して一冊のKindle本にまとめました。インストールやセットアップなどの手順、各種アプリケーションのインストールと日本語化、軽量Linuxベスト3、SSDの換装などを一度に読みたい方はご利用ください。Kindle Unlimitedなら無料です。書き込みをする場合はA4サイズで読みやすいペーパーバック版(オンデマンド印刷)もあります。