iPod touchでスケジュールを持ち歩こう

/iPod touchでスケジュールを持ち歩こう

iPod touchでスケジュールを持ち歩こう

「ちょっとスケジュール確認にWeb接続は面倒」

などと思います。自社のスケジュール管理はBXNというASPサービスを利用しているので、携帯でも確認はできますが、パスワードを入れたりなど、ちょっとしたときに確認するには面倒なのです。そこでやはりiPod touchで持ち歩きたいと思ったりします。iPod touchはOutlookと同期できるので、これを活用しない手はありません。

そのためには、まずBXNからOutlookへスケジュールを移動して、さらにOutlookとiPod touchを同期する必要があります。BXNのようなASPサービスには、どれにも大抵はスケジュールをCSVファイルに出力する機能があります。BXNの製品版であるDESKNET’Sなどもそうです。そこでこのCSVファイルをデスクトップに出力します。次にOutlookを起動して、インポートの機能で取り込みます。データのラベルが合致していない場合には、画面でラベルをドラッグ&ドロップでマッチングすればインポートできます。

次にiTuneを起動し、iPod touchをUSB接続して同期を開始します。その際OutlookはPCのデフォルトのメーラーに設定しておく必要があります。同期が完了すればiPod touchの「カレンダー」からスケジュールが確認できます。「連絡先」もOutkookで管理している場合は、同期できます。私は携帯とOutlookが同期しているので、それと同じ情報がiPod touchに同期されます。連絡先の細かな情報はOutlookで管理しておくと便利です。

iPod touch側ではあくまで確認のブラウズだけですので、修正などは元のWebサイト側で行います。このように機能を特化している点はAppleの製品の一貫した良さだと思います。(修正できないのは単なるバグで修正版が出るという噂もあります。)1.1.2ではスケジュールの追加や修正が可能になりました。やたらと機能拡張せずに絶妙な潔さで一貫したシンプルなインターフェースを保っているのは見事だと思います。それはパッケージにも一貫していて、Macintosh IIの頃からそうでした。私は最初のPCが初期のApple IIだったので、かなり長いAppleユーザーということになります。あの頃純正の5インチフロッピードライブを持っていることが自慢でした。最初にやったPCゲームがApple II用のパックマンでした(遠い目)。

2016-09-16T13:35:58+00:00 2007/10/18 |Business Tools, iPhone|