Lifestyle

LinuxでPhotoshopのPSDファイルを読むため無料のGimpをインストールする方法

Linuxでは超有名な画像処理ソフトのGimpをインストールしてPSDの互換性を試してみました。

Gimpは歴史も長くLinuxでは超有名な画像処理のアプリケーションです。今回はどこまでPSDが読めるのかを試してみました。Gimpは「ソフトウェアの管理」(OSによっては「ソフトウェア」)から選択できるので、インストールも簡単です。

「ソフトウェアの管理」からGimpで検索する

「インストール」をクリックすればインストールが開始します。インストール時間はかなりかかります。インストールが完了したらメニューから「アプリケーション>グラフィックス>Gimp」で選択できます。

 試しに上記のスクリーンショットを読み込んでみる

PhotoshopのPSDデータも読み込めるのかを確認してみました。RGBは対応しているのですが、CMYKは未対応のようです。

CMYKは未対応

それ以外もレイヤー上に複雑な加工を加えたりしているものは、うまく読み込めませんでした。レイヤーを統合してしまえば読み込めるので、レイヤーも含めた完璧な互換性は難しそうです。元画像をある程度シンプルに直してみると読み込めたりするので、凝ったファイルでなければ移行も可能だと思います。

Kindle本のご案内

ライセンスは気にせず愛着あるパソコンを壊れるまで使うには …

連載していた【軽量Linux活用ガイド2021】を中心に加筆、再構成して一冊のKindle本にまとめました。インストールやセットアップなどの手順、各種アプリケーションのインストールと日本語化、軽量Linuxベスト3、SSDの換装などを一度に読みたい方はご利用ください。Kindle Unlimitedなら無料です。書き込みをする場合はA4サイズで読みやすいペーパーバック版(オンデマンド印刷)もあります。