画面は一度にキャプチャーしよう

/画面は一度にキャプチャーしよう

画面は一度にキャプチャーしよう

「これって一度にキャプチャーできないんですかね」

iesnapshot-400x300そんな質問をたまにもらいます。操作マニュアルを作成するとか、パワーポイントやワードで資料作成するときなど、画面のキャプチャーをする頻度はWebサイトのプロジェクトをやっていると必ず必要になります。未だにAltを押しながらPrint Screenキーを押してクリップボードに取り込み、Photoshopなどで長い画面を上下つなげたりするのを見ますが、サイトの画面キャプチャーを一度に取り込むツールについては、随分前から複数あるので、これを活用すればかなり効率が上がります。特に画面の遷移を左で追いながら、連続して次々に取り込みができるIE Snapshotは重宝します。日本語パッチも用意されています。

このツールはPDFファイルも作成できます。連続してキャプチャーしておき、ひとつのPDFファイルとして保存することが可能です。もちろんAcrobatでも同じことができるのですが、Acrobatの場合はページに合わせて長いページは改ページされるので、用途によっては使い難いことがあります。IE Snapshotの場合には、一表示ごとの取り込みになるので、長い画面の場合は縮小画面になりますが、全体を説明する資料を作成する場合などは、こちらの方がありがたいときが多いと思います。

経験上まれに取り込めない画面があったこともありますが、ほとんどの画面は問題無く取り込めています。インラインタグなどで1画面内に読み込まれている画面は、インライン部分を表示するアドレスを入力することで、取り込みが可能です。またファイル名は自動的に付くので、いちいち指定する必要が無いのも作業効率が上がる理由です。

あくまでブラウザー表示された画面キャプチャー用なので、プログラムの操作画面のキャプチャーなどには対応していません。プルダウンと一緒にマウスポインターを取り込むような操作画面のキャプチャーが必要な場合には、別のツールを使う必要があります。

2016-10-14T11:29:39+00:002007/10/23 |Business Tools, UI/UX, Web Site Produce, Writing|