Build a WebsiteWordPress

WordPressのテーマをAvadaからNewsmaxに変えた5つの理由

ソースを見ると複雑でイラッとする

ようやく6年ぶりの重い腰を上げて、サイトをリニューアルしました。ほぼ1週間かかりましたが、考えていた目的はある程度達成できたように思います。今回テーマをAvadaからNewsmaxに変更しました。有料テーマから別の有料テーマに切り替えるのは、なかなか面倒な作業なのですが、それでもあえてやりたいと思ったのは、主に下記の5つの理由です。

1. Simple: シンプルなソースコードにしたい

最初にして1番の理由はこれです。Avadaテーマは汎用性があって、機能拡張も頻繁で良いことも多いのですが、ソースコードはどんどん複雑になって、ぱっと見では複雑すぎて何だかさっぱり分かりません。当然ページの表示スピードにも影響していると思います。そこでいくつかのテーマをソースコードのシンプルさから見比べてNewsmaxというテーマを選択しました。これなら少なくとも何をしているのかは分かります。利用しているプラグインが多いので、そこまで最適化はできていませんが、まあ許容範囲の状態にはなったのではないかと思います。

2. Block Editor: ブロックエディターに最適化したい

WordPress 5.0から実装されたブロックエディターが、当初の使いにくさが改善されて、ようやく使える状態になってきました。そこでクラッシックエディターで作っていたコンテンツを、すべてブロックエディターへ変換したいと思いました。これもすべてのページに手を入れる必要があるのでかなりの作業でした。2007年からのコンテンツがあるので、現在では意味を成さないものもあり、削除したり書き直したり加筆したりということを延々と繰り返しました。もうこれで最後にしたいと強く思います。

3. Speed: なるべく標準機能だけでスッキリしたい

かなり昔にGTmetrixでページの表示速度を確認するなどの記事を書きましたが、現状AdSense広告なども入れているので、それほど最適化はできていません。プラグインも多くなりがちで、自ずとCSSもJSも多くなります。Pingdom Website Speed Testもそこそこの結果しか出ませんが、以前よりはだいぶマシになりました。AMPなどのプラグインも使うのを止めました。今後も徐々に改善して、できる限りスッキリさせたいと思います。

4. SNS: SNSとの連携を強化したい

ひとつの投稿ですべてのSNSに連携させるなどを実現したいとだいぶ以前WordPressでJetpackのパブリサイズ共有を使ってSNSなどへ一括投稿するで試しましたが、今回もAll in One SEO で試してみたいと思います。最初はこの記事から試します。LINEについては、LINE Auto Postを使ってみます。

5. Contents: コンテンツ中心のサイトにリデザインしたい

コンテンツが100記事になったので、サイトとコンテンツに再度手を加えて、コンテンツ中心サイトに組み直ししたいと思いました。カテゴリーをシンプルに分けて、タグで横櫛にし、WordPressの基本的な機能を素直に使用したサイトに作り直しました。ごちゃごちゃだったアウトプットを整理し直したイメージです。リニューアルというより、リデザインに近いと思います。これで今後のためのプラットフォームはある程度しっかりできたかと。まだまだ改善の余地が山ほどありますが。