WordPressでGoogle Sitemapを登録するプラグインGoogle XML Sitemaps

/WordPressでGoogle Sitemapを登録するプラグインGoogle XML Sitemaps

WordPressでGoogle Sitemapを登録するプラグインGoogle XML Sitemaps

Googleにはすべてのページをインデックスして欲しい。

2010年7月27日発表以降、ヤフーは「Yahoo! JAPAN」の検索サービスでGoogleの検索エンジンを、また、Googleの検索連動型広告配信システムを採用している。そして国内の検索エンジンのシェアはこんな感じなので、ネット上にブログを書いていたとしても、Googleのインデックスに登録されていなければ、実質その記事がネット上の検索で見つかる可能性は、かなり少ない。もちろん検索エンジンは他にもたくさんあるのだが、シェアから言えばとても少ないし、FacebookやTwitterからのリンクやメールからのリンクも、友達の範囲を超えることは無いと言える。

Googleはインデックスをクローラーまたはボットと呼ばれるプログラムで収集しているが、そのリンクをたどる方法は完璧では無いので、各サイトすべてのコンテンツがインデックスされているかというと、必ずしもそうとは限らない。現在のように無数にWebページが毎日作成される状況では、明示的にGoogleの検索エンジンに対して、「このページ作成しましたよ」と知らせることが必要になる。その役割をするのがGoogle Sitemapだ。だからページを作成する度にGoogle Sitemapも更新して、それを検索エンジン側にも伝えるようにする。このGoogle XML Sitemapsはそれを行うプラグインである。

Google XML Sitemapsの最新版は3.2.9なのだが、自分の環境ではうまくサイトマップが作れなかったので、作者のページから4.0のβ11版を試したところうまく作成できた。これをウェブマスターツールを使って登録すれば、Googleの検索エンジンへの送信は完了だ。1日経つと何件インデックスされたかが表示されるようになる。せっかくブログとしてアウトプットを残すのなら、誰かの役にはたって欲しい。だとしたら、このインデックス化は自動化しておきたい。また一緒に更新通知サービスも設定しておくとさらに良いだろう。本格ビジネスサイトを作りながら学ぶ WordPressの教科書には、これ以外にもMetaタグを設定するMeta Managerというプラグインも載っている。必要十分な機能が網羅されていて使い勝手が良い。

本格ビジネスサイトを作りながら学ぶ WordPressの教科書

2016-10-14T11:29:23+00:002013/02/23 |SEO/SEM/SMO/LPO/EFO, Social Media, WordPress, Writing|