Avada 5.0.1へ4.0.3から確実に更新する方法:: WordPress + Avadaでウェブサイト構築

/Avada 5.0.1へ4.0.3から確実に更新する方法:: WordPress + Avadaでウェブサイト構築

Avada 5.0.1へ4.0.3から確実に更新する方法:: WordPress + Avadaでウェブサイト構築

Avada 5.0への更新ってコンテンツの中身が変わったりしない?

Avadaテーマの更新

本日バージョンアップがあったようなので、早速更新してみました。このようなメジャーなバージョンアップの場合には、事前にローカルPCのXAMPP環境(最近ではInstantWPLocal by Flywheelの方が便利で簡単)のWordPressで試してから、本番環境で実施することをオススメします。XAMPP環境は「XAMPPを使ってローカル環境にWordPressをインストールする方法」などが参考になります。また本番環境とローカルPCの環境を一致させるには、All-in-One WP Migrationというプラグインが役立ちます。「All-in-One WP Migration – WordPressのサーバー移設が簡単にできるプラグイン」が参考になります。他のDuplicatorなどのプラグインよりも、よほど確実でバックアップの代わりにもなるので大変便利なプラグインです。本番環境でEXPORTしてローカルPCのXAMPP環境にIMPORTし、ローカルPCでAvadaを更新して、問題が無いことを各ページ確認します。これらの作業を行ってから、本番環境で更新します。(更新はあくまで自己責任でお願いします。)

上記のテーマ画面でAvadaをチェックして「テーマを更新」ボタンをクリックして更新します。更新後、元の画面に戻るボタンをクリックすると、下記の画面が表示されます。
avada-shortcode-conversion

これはコンテンツ内のショートコードを変換するものです。ですので、投稿内に[](半角カギカッコ)が文章内に使われていたりすると、そこの部分も変換対象になってしまいますので、注意が必要です。「Start Conversion」のボタンをクリックすると処理を開始します。
avada-shortcode-conversion02

ページ数が多い場合など、ローカルPCなどでは処理中にタイムアウトする場合があります。そのような場合にはブラウザーの再読込ボタンをクリックすれば、継続して変換処理が行われます。完了すると次のような画面が表示されます。
avada-shortcode-conversion03

「Update Required Plugins」ボタンをクリックして、次のプラグインの更新を行います。次のような画面が表示されます。
plugins-to-be-continued

「FUSION CORE」と今回プラグインとして分離された「FUSION BUILDER」のUpdateとInstallボタンをクリックして更新とインストールを行います。これで一応完了です。サイトのコンテンツ内容やリンクなどが間違いないかを十分に確認してください。

Product Registrationの変更

今回からProduct Registrationの方法が変わりましたので、「Personal Token」を入手する必要があります。下記の画面で「Generate A Personal Token」のリンクをクリックします。
avada-to-be-continued02

EnvatoのIDで認証すると下記の画面が表示されます。
create-a-token-i-envato-api
適当な「Token name」を入力し、各行の内容を確認しながらチェックマークをクリックします。すべてチェックして「Create Token」ボタンをクリックすると、Personal Tokenが画面に表示されますので、それはコピーして別ファイルで保存しておきます。「Product Registration」のタブへ戻り鍵マークの右側にPersonal Tokenを貼り付けて「Submit」ボタンをクリックすれば登録は完了になります。

日本語翻訳ファイルの対応

日本語の翻訳ファイルは手作業で入れる必要があります。Envatoにログオンして自分のアカウントのダウンロード画面から下記の「All files & documentation」をクリックして全ファイルをダウンロードします。
downloads-i-themeforest

あとは「PoeditでWordPressのAvadaの日本語ランゲージ(翻訳)ファイルを編集する:: WordPress + Avada」に詳細は記載済みです。今回新しく追加されたfusion-builder-jaの翻訳ファイルは、中身を見ると英語のままでしたので、入れても英語のままになります。こちらは翻訳されるのを待つかPoeditを使って自分で翻訳を入れる必要があります。本サイトもAvada 5.0.1に更新済みです。

追記:10月19日にAvada 5.0.2に更新されました。11月2日にAvada 5.0.3に更新されました。11月15日にAvada 5.0.4に更新されました。11月22日にAvada 5.0.5に更新されました。12月16日にAvada 5.0.6に更新されました。3月14日にAvada 5.1.1に更新されました。作成したウィジェットがうまく移行できない不具合がありました。3月16日にAvada 5.1.2に更新されました。3月18日にAvada 5.1.4に更新されました。4月5日にAvada 5.1.5に更新されました。4月18日に5.1.6に更新されました。7月11日に5.2に更新されました。7月18日に5.2.1に更新されました。8月8日に5.2.2に更新されました。11月15日に5.2.3に更新されました。11月22日に5.3に更新されました。12月1日に5.3.1に更新されました。12月20日に5.4に更新されました。2018年1月16日に5.4.1に更新されました。2018年1月30日に5.4.2に更新されました。2018年4月24日に5.5に更新されました。2018年5月2日に5.5.1に更新されました。2018年5月23日に5.5.2に更新されました。

サイト移行やステージング環境構築のご相談

WordPressサイトの(への)移行やステージングサーバー環境構築をお手伝いします。
お気軽にお問合せください。ご一緒にサイト運用の負担を減らす工夫をさせていただきます。(価格表)
 確認ページはありません。内容をご確認のうえ左にチェックを入れて「送付」ボタンを押してください。

対象サイトのURL メールアドレス
2018-05-25T00:03:31+00:00 2016/10/14 |Avada Theme|