LaTeXのBeamerで高橋メソッドを実現する

/LaTeXのBeamerで高橋メソッドを実現する

LaTeXのBeamerで高橋メソッドを実現する

LaTeXで手軽に高橋メソッドのPDFが作れないかなぁ。

高橋メソッドについては、でかいプレゼン 高橋メソッドの本に詳しいのでそちらにゆずるが、要は大きな文字だけで簡潔に表現するプレゼン資料にまとめることで、急場のプレゼン資料作成を省力化するメソッドだとボクは思っている。そしてフォーマッターの便利なところは、この大量のページに文字のレイアウトを、ほぼ自動的にしてくれるところ。もちろん、文字数であふれると、次ページに行ってしまうが、それでも1ページずつレイアウトを微調整する煩わしさを回避してくれる。先日インストールしたLaTeXで、プレゼンテーション用の資料を手軽にできないかを検討していたところ、Beamerというツール(class)があることに気づいた。そこでこれを使って高橋メソッドの資料を作りたいと思った。

以前は「高橋メソッドなプレゼンツールin XULリターンズ」でFirefoxでXULを使っていたのだが、なんか最近標準では動作しなくなっていたので、これに代わるものが欲しかった。少し調べてみたところ、LaTeX-beamerのテンプレートでテンプレートを準備している方がいたので、そのテンプレートを少し拡張して、記載するためのサンプルコード等も含めて加筆した。Macでもそのまま使えた部分だけにした。

入力を省力化するマクロが組んである部分は、使い易いのでそのまま利用させてもらっている。サンプルのコーディングを見てもらえれば、誰でも簡単に高橋メソッドな資料が作成できるはずだ。もちろん普通のプレゼン資料を作る部分もそのまま使用できる。ただしLaTeXをインストールするのは、多少テクニカルな知識が必要だが。

残念ながら文字の大きさは手動での微調整が必要だ。ただTeXworksを使用すると、修正してすぐにPDFで確認ができるので、それほど手間にはならないだろう。以下に作成した資料とサンプルファイルのリンクを掲載しておく。注意として目次を正しく表示するには、2回同じPDF生成を繰り返す必要がある。これは一回目でインデックスを作成し、二回目でそれを取り込んでPDFを作成するためだ。

tex-beamer-template.tex
でかいプレゼン 高橋メソッドの本
[改訂第6版] LaTeX2ε美文書作成入門

2017-05-02T10:57:31+00:00 2013/04/12 |Book, Business Tools, Communication, Design, Mac, UI/UX|